鍼灸治療の内容

ジパングの鍼灸治療で身体の中から元気に‼

鍼灸治療専門

鍼とお灸の力を最大限に使い、身体の中から元気にしていきます。

 

東洋医学の知識が深い

昔からの東洋医学、漢方医学を学び、現代の最新の医学と結び付け、現代人に適した最高の技術を提供していきます。

整形外科・ペインクリニックで学んだ西洋医学の知識(レントゲンやMRI、神経ブロック注射など)も活かして状態を把握していきます。

 

身体の状態の把握に長けている

病院で原因が分からないと言われた症状も東洋医学の理論で原因を把握して施術していきます。

 

脉診→手首の脈を診て身体の血流の状態や内臓の状態を把握していきます。脉状診と言って古典からのやり方で現代人の身体と照らし合わせてみていきます。

 

腹診、背候診→お腹や背中を観察してまた触って反応をみます。動脈や静脈の動き、内臓の状態などみます。

 

舌診→舌をみます。形や色、苔などの状態で身体のどこが悪いかや熱や冷えをみていきます。

 

これらを組み合わせて総合的に判断して治療していきます。原因が分からないと言われた人や自律神経が乱れてるとかストレスから来てるとかいわれてた方もこの診断法で細かな原因を探っていきます。

 

鍼灸の技術力が高い

いくら原因がわかっても鍼が下手なら病気は治せません

ツボは数ミリズレたり、鍼の角度がズレるだけで効果がなくなることもあります

まずは正しく診断して、身体の中から鍼灸で根本治療していくのです

 

症例紹介

手術後の不調

 盲腸の手術後ガスが溜まる感じや便秘や下痢の繰り返しが7~8ヶ月続いている患者様。お薬を飲むもなかなか改善せず来院。鍼灸で内臓の調節をしてその後お腹の不調は出なかったです。

 

二年間月経が来ない患者様

 環境の変化で月経が乱れ二年間月経が来なかった患者様。鍼灸をして三か月後に月経が来ました。それから毎月来るようになりました。

 

間欠性跛行

少し歩くと歩けなくなり、休憩するとまた歩けるの繰り返しの症状。血流不全で出ている症状だったので血流量を改善する施術をして症状も改善。長時間歩けるようになりました。

 

 

 

 

ジパングの鍼灸治療は、

病気または疾患を現代医学と東洋医学の考え方を使って鍼灸によって施術していきます。

現代医学によって明らかになってきた科学的データにもとづく新しい知識と、古典からの観察と経験によって受け継がれてきた伝統的東洋医学の知識を融合して身体の状態を把握して鍼灸治療を行います。

 

病気や身体の不調は、生活習慣の悪さや気候の変化、感情の乱れ、怪我などが身体の循環(血液循環、ホルモン、神経伝達、水分代謝)のバランスを崩したり、内臓の不調をつくることで身体の様々な場所に痛みや不調が現れます。

 

鍼灸治療をすることでそれらのバランスを整え、身体をいい状態にしていきます。

 

ジパング鍼灸治療院ではその場しのぎの対処療法ではなく、疾患の根源から施術をしていきます。そのため痛い場所に直接鍼などを打たない場合もあります。

病気の根源を良くしていくことで主訴やその他の随伴症状もよくなっていきます。

 

また学生などのスポーツ障害に対する施術、テーピング、障害予防などの指導も行っています。パフォーマンスの向上や、怪我の回復を早め、早期の競技復帰が出来るようにします。

鍼灸治療

  • 初診料 ¥1,100
  • 大   人 ¥4,400(60分程度)
  • 高校生 ¥3,300
  • 中学生 ¥3,300
  • 小学生 ¥3,300
  • 初診料 ¥1,100 
  • 施術料  ¥1,650

小児はり​​

小学生以下でも鍼灸治療を行う場合は、

小学生料金を頂きます。

一部位 ¥540

テーピング

追加マッサージ

  • 15分程度  ¥1650
  • 30分程度 ¥3300
(鍼灸治療を受けた方のみ)

鍼灸治療は赤ちゃんや妊婦、学生、ご年配の方皆さん誰にでも受けていただけるものです。

 

日頃の身体の悩みなどなんでも気軽にご相談して頂き、

元気で健康な日々を過ごしてもらうお手伝いをしたいと思っています。

 

鍼灸治療は鍼とお灸を使って、身体の施術を行います。

 

鍼は滅菌済みの使い捨ての鍼を使用していますので、安心して施術を受けて頂けます。

 

ジパング鍼灸治療院は根源の施術を行うので1回の施術で完全に治るものではありません。

患者様の身体の状態を把握し、コミュニケーションを大切にして1日でもはやい回復を目指します。

鍼灸治療を初めて受けられる方へ

当日の服装

鍼灸治療では両手足と背中全体に鍼灸をしていきますので、めくっても大丈夫な服装がいいとおもわれます。

またこちらでもジャージなどを用意していますので必要な方は気軽にお声掛けください。

 

治療の流れ

  1. 問診票の記入患者様の状況を問診票に記入していただきます。

  2. 身体の状態の把握脉診、舌診、腹診、望診を行い、問診票を元にお話をうかがい治療方針を決定します。

  3. 鍼灸治療実際に鍼灸をしていきます。症状によって必要ならばお灸も行います。

 

 

瞑眩(めんげん)反応とは

施術を行った後に、身体がだるくなったり、疼痛の増加がおこることをいいます。

これは施術に慣れてない方に現れやすいもので、体温の低い人が熱を作り出す反応だったり、凝りや身体の中の異常を外に出すときにでる反応です。1日から2日くらいで消失していきます。施術に慣れてきて免疫力がついてきたらこのような反応はなくなっていきます。

 

 

「鍼灸があわない」と言われる方がたまにいらっしゃいますが、局所鍼だけをされたり強刺激すぎたりした時に、瞑眩や好転反応ではなく、身体の状態が悪くなった方が言われる場合が多いです。

 

ジパングの鍼灸治療は、患者様の身体の状態をみて刺激量を考え、全体の流れを整える施術を行うためそのようなことはありません。

 

また鍼灸が効かなくなったり、ずっと通院し続けないといけないのではと心配される方もいらっしゃいますが、だんだん強い刺激にしていかないと効かなくなるというような事はございませんし、その時の身体の状態の合わせて治療を行うことで効果があります。

 

鍼灸治療を重ねるごとにだんだんと元気になっていくので、施術の回数や頻度を減らしていき、卒業を目指していきます。